ヰセキ タフ 50K  1962
          OWNER:木村 順也

1962年に,愛媛県松山にある井関農機は,ホンダ・スーパーカブ対抗商品のタフを発売した.エンジンは2ストロークだが,長本庄包氏の手により,シリンダヘッドを水冷化した空水冷方式を採用している.エンジンは,当時井関農機の空水冷エンジンを製作していた川崎航空機製.車体は井関農機が製造した.
農機メーカーならではの,悪路に強いモデルではあったが,いかんせん王者スーパーカブには対抗できず,また,販売網やサービス体制も確立できないまま,このタフ一代限りとなった.セル付の上級モデルも存在した.
この車体色のピンクは,当時のカラフルな農機の流れから生まれた.
出力4.2ps/8,000rpm, 最高速度75km/h.
          当時の価格 63,000円

そうなんだ,当時の農機はカラフルだったんだぁ.